推拿(すいな)とは

中国に古来より伝わる療法です

 

推(おす)拿(つかむ)など独特な手技と適度な力を用いて、経絡(気の流れ道)・経穴(ツボ)を刺激して、気・血・水(体液)の巡りを整えることにより、痛みを軽減させると同時に内蔵の働きを改善させていきます。

体の内外のバランスを整えることにより、自己治癒力も高まります

使用する主な手技
 推法  すいほう  一方向へ推し擦る動作
 拿法  なほう  筋肉をつかみ上げる動作
 按法  あんぽう  指や手のひらを使い力を入れて押さえる動作
 摩法  まほう  円を書いて摩る動作
 揉法  じゅうほう  揉む動作
 圧法  あっぽう  腕や肘を使い力を入れて押さえる動作
 滾法  こんぽう  小指の付け根や手の甲の指の付け根を転がす動作
 擦法  さっぽう  上下、左右に往復摩擦する動作
 搓法  さほう  手のひらで挟んで素早く擦り揉む動作
 抹法  まっぽう  親指先で左右に摩る動作
 抖法  とうほう  手足に両手を使って小刻みに揺り動かす動作
 振法  しんぽう  圧を掛けて振動を与える動作
 点法  てんほう  指先などで深く持続的に圧を与える動作
 捏法  ねつほう  皮膚や筋肉をつまむ動作
 拍法  はくほう  手のひらに空洞を作って叩く動作
 撃法  げきほう  拳や手のひらで叩く動作
 抜伸法  ばっしんほう  体の一部を固定しながらゆっくりと伸ばす動作

 TOPへ:↑TOPへ↑